7.31.2015

雑誌のお仕事 - マガジンハウス Hanako No.1092「東京新名所案内。」

7月23日よりマガジンハウスから発売中のHanakoにて
東京の緑を楽しめるスポットのイラストを描いています。

蒼井優ちゃんの表紙が爽やか。
東京には
まだまだ行ったことのない緑のきれいな場所が
たくさんありそう。

ぜひ、ご覧ください。

Amazonで購入

これは新宿御苑。

7.13.2015

雑誌のお仕事 - 講談社FRaU 8月号 藤野可織書き下ろし小説『鈴木さんの映画』

7月10日より講談社から発売中のFRaUにて
芥川賞作家の藤野可織さんの特別書き下ろし小説『鈴木さんの映画』の
扉、挿絵を描いています。

奇妙でどこかポップな藤野さんの小説。
不思議な空気の漂う世界、
この短編にはニコラスケイジが登場するので、
ニコラスにも挑みました。
編集の菅野さんから、藤野さんは熱烈なニコラスファンだと聞いて、
緊張しながらも愛情と敬愛をこめて描きました。
ぜひ、ご覧ください。

Amazonで購入


6.12.2015

書籍のお仕事 - 『こども大国ニッポンのつくりかた』

一般財団法人1more Baby 応援団
『こども大国ニッポンのつくりかた』のカバーと絵本部分の絵を担当しました。
http://www.1morebaby.jp/contents-ehon.html

文章は、電通の並河進さん、SIXの大八木翼さん、
アートディレクションは博報堂の杉山ユキさんです。

少子化の問題をかかえる日本で、
もう1人こどもが欲しいと願うパパ・ママを応援すること、
こどもを安心して育てられる社会を目指して活動している"1more Baby応援団"の本です。

人口が減っている…高齢化が進んでいる…と日々耳にしていても、
よし、じゃあ国のためにこどもを産むぞ!と思う人はいないと思うし、
そうでないといけないなんて思わない。
でも、こどもが欲しい、にぎやかな家族をつくりたい、
そういう気持ちを後押しできる世の中になってほしい。そう思います。

これからママ・パパになろうとしている友人、
今まさに子育て奮闘中の親しい人たちに思いを馳せながら取り組みました。
少しでも安心して子育てできるようになればいいなと願って。

本の前半は絵本で、後半は現状を示すデータや様々なコラムニストのお話。
後半も読みやすくてすごく勉強になります。

多くの人の目に触れて、何かしら思いめぐらすキッカケになったら嬉しいです。
"1more Baby応援団"の素敵な活動が、広がっていくことを願っています。

http://www.1morebaby.jp/


そして、表参道の山陽堂書店のギャラリーで、
原画展を開催中です。
1 more Baby応援団 『こども大国ニッポンのつくりかた』原画展
文・並河進、大八木翼 絵・小池ふみ
期 間: 6月9日(火) ~ 6月20日(土) 月〜金:11時〜19時 / 土:11時〜17時 日・祝休み

http://sanyodo-shoten.co.jp/gallery/schedule.html#554



5.25.2015

お仕事 - 無印良品ファミリーセールご優待チケット

2015年5月22日〜6月1日の
無印良品とIDEEのファミリーセールご優待チケットの
イラストレーションを担当しました。

初夏をイメージして描いた部屋、
わんこがごろり。
お財布に入るサイズのお仕事ははじめてだったので、
仕上がりが新鮮に感じました。



5.24.2015

雑誌のお仕事 エイ出版社 BLADESvol.3 扉イラストレーション

5/30発行のスタンドアップパドルの雑誌BLADESvol.3で
「スタンドアップパドルの旅」特集の扉を担当しました。
前号のギアカタログに続いて、再び描かせてもらいました。

前回依頼をいただいてから、
私もSUPをやってみたいと思い、
4月上旬に伊豆の白浜でSUPレッスンに行ってきました。
白浜の海は沖縄みたいにエメラルドグリーンで、
水も透明ですごくきれい。

東京からそう離れていない伊豆で、
こんなにきれいな海があることに驚きながら、
はじめてのSUPに挑戦。
波もない場所だと立つのも簡単で難なくはじめられ、
海の上をパドルを漕いで散歩するのは
すごく心地よかったです。
旅先でのSUPなんて最高だろうなぁ。

amazonで購入


4.26.2015

雑誌のお仕事 手紙社「LETTERS」カバーイラストレーション

先日、手紙社から雑誌「LETTERS」が創刊しました。
そのNo.001のカバーを担当しました。
中ページでも紹介していただいています。

余談ですが、じつは表紙の男性の絵は
もともと裏表紙のために描いたもので、
裏表紙の女性の絵がもとは表紙になる予定だったのです。
よりシンプルな方の絵が表紙になって、
すっきりした印象のカバーになっています。

手紙社を取り巻くいろんな作家の方々のお話が
魅力的に紹介されています。
ぜひ手に取ってご覧ください。

代官山の蔦屋書店3号館1階で「LETTERS」フェアも開催中です。
6/8まで。表紙の原画も展示されています。
http://tegamisha.com/40300

LETTERS 取扱店はこちら

4.03.2015


広告のお仕事「4&2 GOOD LIFE FOR PET & ME」イラストレーション

小田急電鉄が、ペットと人が暮しやすい沿線を目指して立ち上げた構想「4&2」。
そのイラストレーションを担当しました。
イラストは、ウェブサイト、ポスター、中吊り、パンフレットなどに。
アートディレクションは大黒大悟さん、デザインは佐野真弓さん、
コピーは川原綾子さん。
日本デザインセンター

先日、小田急線経堂駅の高架下に
クリニックやケア、ペットホテルも……という
ペットと暮す人にはうれしいすてきなお店ができ、
これからもっといろいろ充実していくようです。
お店で買い物するともらえるショッパーは
うんち袋にもできるように考えられてるのだけど、
そのデザインがまたかわいいのです!

4&2という名前は、
四足歩行の犬と二足歩行の人が
ともに歩いているイメージからついた名前だそうです。
つい昨日も電車で黒いラブラドールの盲導犬を見かけて、
犬の優しさやあたたかさについて考えていました。
じんわり。。
いまは亡き私の愛犬もいつもそばで見守ってくれている気がしています。

経堂駅や小田急線沿線に掲出されている様子は見られてないのですが、
送っていただいた中吊りとポスター。


お近くでペットと暮している方はぜひ。

4&2
http://www.4and2.jp/


4.01.2015


手紙舎のレターセットとタグ

もみじ市や東京蚤の市など、
作家や素敵なお店を巻き込んだイベントで有名な
手紙社の企画で、
レターセットとラッピングなどに使えるタグができました。

手紙社が開催するイベントやお店や
手紙舎のオンラインショップで買うことができます。

手紙舎のお店は、
つつじヶ丘と柴崎にそれぞれお店があるのですが、
いつも打ち合わせで伺う
柴崎のほうのお店“手紙舎2nd story”は
晴れた日の夕方頃に差しこむ光が
きらきらいいかんじで、気持ちがいい。
おすすめです。


3.16.2015


文庫装画・挿絵のお仕事 - 『たそがれビール』

なかなかブログの更新をできずにいて
お知らせが遅くなってしまいましたが、
幻冬舎から発売の
文庫オリジナル「たそがれビール」(著:小川糸)の
装画と挿絵を担当しました。
デザインは「ようこそポルトガル食堂へ」でもお世話になった児玉明子さんです。

ベルリン、パリ、モロッコ…
小川糸さんの旅と日々の日記に添えて
モノクロの挿絵も24点描きました。
私もずっと行ってみたいと思っているベルリン。
長めの滞在、ほんとうに心地良さそうで、憧れます。
この日々の栄養がつぎはどんな小説の素になるのかなぁと、
糸さんの物語がますます読みたくなる。
糸さんの最近の日記は
ゆりねという白いわんちゃんがよく登場する。
いつも楽しみ。(小川糸さんブログ ペンギンと暮らす


挿絵のうちのひとつ。ベルリンのクマ。


『たそがれビール』
小川糸 著
Amazonで購入

1.26.2015


新聞広告のお仕事 - 『福光屋「福正宗」2年連続金賞受賞』

お知らせが遅くなってしまいましたが
夏に描いた仕事が12月にリリースになりました。
金沢の酒造の福光屋さんの定番、
福正宗の広告で、ほろ酔いのお月さん。
12/6の北國新聞です。
ADは福岡南央子さん。

お正月は福光屋さんの新酒でお祝いしました。
おいしかったなぁ。